インターンについてよくある質問集:

Q-1) J1ビザインターンシップへの応募資格は?

参加ブログラムへの関連する2年以上の職歴か学歴 (短大含む) 過去の経歴との関連性が問われます。


Q-2) 何故、企業側のコストは必要無いのですか?

人材会社の就職斡旋とはまったく意を異にしております。
あくまで、参加希望者によりBetterなポジションを
ご提供出来ればと考えておりますので
企業にお願いとしてインターンへの手当ては
月$1,000-1,500を各企業にお願いしていますが
これはあくまで目安としての数値・金額です。


Q-3) 一般の人材会社との違いは何ですか?

一番の違いは、WACEはインターン側で行動させていただいていることです。
人材会社では人材紹介においては 企業よりその人材の年収20-30%のFeeを受取りますので 企業側の立場となります。
WACEは企業側からは一切Feeは受け取りません。
研修の場所を応募者に提供するだけでなく、 J-1visaに関する要項も理解した上での慎重な手配を心掛けています。


Q-4) 申込までの手順はどうなってますか?

1.   HP上にてご登録下さい。 
2. J-1visaの手配申請の可能性をレジュメなどの事前の無料審査をします。
3. 2.の審査通過後、申込金$375.00をお支払い下さい。 
4. 希望に添ってホスト企業とのインタビューを設定開始します。
5. Interview設定が決まりましたら設定料$575.00を
*初回で不採用の場合、2回目は$375.00をお支払い下さい。
6. ホスト企業が決定し、DS-2019手配をご希望であれば  $795.00をお支払い下さい。
7. DS-2019取得、J-1ビザを取得されて、インターンシップ開始となります。


Q-5) 希望のホスト先選定はどの程度受け入れられ
    ますか?


WACEのモットーはあくまでインターンの立場で手配を進行させますが、 基本的なキーポイントはインターンとして自分が企業に 如何に評価されて受け入れられるべき人材かどうかです。


Q-6) 現在OPT(プラクティカル・トレーニング)にて研修中
    です。 J-1visaの申請は可能ですか?


応募者がアメリカにおいての研修がプラスになると
DS発行団体に認められればOKです。


Q-7) 英語力はどの程度必要ですか?

個々に求めれるレベルは異なりますが、
一般的には電話で業務上の応対が出来る程度、
英検2級、TOEIC750点、TOEFL500点以上です。
審査前にご用意したOnline英語テストを受けて頂きます。


Q-8) 出発までにはどれぐらいかかりますか?

米国大使館のビザ発行に要する時間について確約することはできません。


Q-9) J-1ビザについて知りたいのですが?

J-1ビザと呼ばれる交流訪問者ビザを取得する為に、
ビザ発給用書類 (DS2019)が発行されます。
J-1ビザ取得後は米国政府によって交流プログラムとして認定されます。


Q-10) 海外旅行傷害保険には必ず入らなければ
    なりませんか?


定められた保険の加入は義務付けられています。


Q-11) 給料を支払われますか?

米国政府より交流プログラムとして認可を受けており
受入先より合法的に報酬を受けることができます。
尚、米系地元企業には業種により無給の可能性もあります。


Q-12) 企業とのインタビュー質疑、内容は?

主に将来の展望とかインターン研修に参加した理由などの一般的なものです。


Q-13) どんな費用がかかりますか?

現地交通費、生活費は個人差があります。
ラフな数字として月々$2,000位が必要でしょう。
ホストからの手当てを加えて、各自算出ください。


Q-14) 登録から研修先の決定について?

合計しますと最低でも2-3ヶ月の時間が必要です。
余裕を持ってご用意下さい。


Q-15) ホスト企業を自分で見つけた場合、
    DS2019の手配アシストのみお願い出来ますか?


DS2019取得のアシストのみでもご協力いたします。
詳細はお問合せください。


Q-16) プログラムでJ-1visa対象の業種はなんですか?

Information, Media and Communications;
Management, Business, Commerce and Finance;
Engineering, Architecture, Mathematics, Industrial Occupations;
Public Administration and Lawなどです。


Q-17) お支払い方法に関して

チェック(Money Order)の郵送
銀行送金;日本、アメリカ共に口座振込みが可能です。
詳細お問合せ下さい。


Q-18) それぞれの手配料金が安いので不安です。

ご安心下さい。NPOの目的は利益追求では御座いません。
他プログラムの料金の高さに疑問を抱いたのがプログラム発足点です。
余分なコスト(宣伝、パンフレット、日本事務所)を省き、
可能な限りの低価格で設定しました。
又、他に本人が出来る事は積極的に本人がするという
『コンセプト』です。


Q-19) 準備はいつ頃から始めれば良いのでしょうか?

各企業が随時必要な時に募集をしますので
季節的なものはアメリカではあまり関係がありません、
目安としてはインターン希望開始の7-8ヶ月前には準備を
開始すべきです。


Q-20) J-2visa取得の資格について

J-2visaは法律上、Work Permit(EAD)を申請する資格はあります。 ただ、Work Permit申請の条件として、 生活のために就労したいのではないという証明、 つまりJ-1visaの方からの十分な経済的な証明が必要です。
J-1visaの収入が低ければJ-2visa取得は難しいというのが通常の認識です。


Q-21) 期間延長は可能か?

研修開始後、日本へ帰国義務がありますが、 受入先と参加者の合意があれば、 当初の研修期間と合計して18ヶ月までの滞在延長が可能です。


Q-22) 研修中の住居は?

受入ホスト先によっては 住居に関する情報の提供をしてくれるところもありますが、 宿泊施設をご紹介致します。


Q-23) J-1visaインターンシップでキャリアチェンジは
    可能ですか?


J-1visaインターンシップはキャリア・チェンジではありません。
西海岸であれば職種に拘りません との応募者の声を多く見ますが これでは目的意識が無く非常に不利です。


Q-24) J-1visa研修中に一時帰国は出来ますか?

再入国の際にDS団体の許可の証明がない場合は入国拒否となりますので、 外国旅行などの際は事前にご相談ください。


Q-25) インターン企業先を中途から変更は出来るか?

本人だけの意思のみではホスト企業の変更は不可です。
DS団体が認める事が前提であるが、変更可の理由として;
・会社が倒産した
・約束された手当は至急されない
・精神、身体的な苦痛で継続が不可能など。
なお、DS団体の許可なく企業研修を停止した場合には
J-1visaは無効になり、日本への帰国が義務付けられて
います。


Q-26) 銀行のアカウント、SSC#の取得、運転免許の
    取得、自動車購入について


銀行口座の開設、SSC#取得、運転免許取得などは
こちらで指導、お世話致します。
詳細はお問合せ下さい。


Q-27) J-1visaインターン中にアルバイトは出来ますか?

受入ホスト企業以外での就労は違法になります。


Q-28) J-1visa研修後は?

日本へ帰国が原則です。


Q-29) Two Year Ruleについて?

殆どは政府からの奨励金などをもらってプログラムに参加する場合のみ Two Year Rule(インターン後の2年間アメリカ入国不可)が適用されます。


ご質問等ございましたら、お気軽にinfo@wacejapan.orgまでご連絡ください。